2020年08月05日 03:00

【ネタビルド】土壁デコイと暗殺ATLAS【鋼の道のり】

naramonAtlas5

土壁を召喚して敵の注意を引き、その隙にNARAMONの「Executing Dash」を当てて敵集団に連続フィニッシャーを仕掛けていく暗殺ATLASネタビルド。

暗殺と言い張っているけど、普通に発見されるし警戒されるしアラームも鳴らされる。ただし、イキリ立った敵の攻撃はほとんど土壁に向けられる。

【PC 28.0.1】


立ち回りと通用する場面


2番Tectonicsで土壁に敵の攻撃を引き付け、オペレーターに転移。VOID DASHで駆け回り、NARAMONのExecuting Dashの効果で敵をまとめてフィニッシャー可能な状態に。

その後、相変わらず土壁を殴っている敵の後方でフレームに転移し、近接フィニッシャーを仕掛けて一撃で敵を倒していく。

土壁をデコイとして用いるため、多くの敵に視認される位置に設置することがコツになる。


通用する場面

ネタビルドと言いつつ、対応レベルはめちゃくちゃ高い。少なくとも「鋼の道のり」水星のグリニアには通用している。筆者はまだ「鋼の道のり」開拓初期なので、今後どこまで通用するかは不明。

ATLAS PRIME 土壁フィニッシャービルド

ビルド解説。まずはフレーム本体から。

naramonAtlas7

といっても、今回のネタビルドでATLAS本体に要求されるのは、「いつでも硬い土壁を出せること」のみ。あとは、万が一それでも敵の集中砲火を食らった時に、一瞬でやられない耐久力を確保すれば良い。

アビリティ方針

使用するアビリティは2番Tectonicsのみ。今回はこれを「やたらと堅いデコイ」として用いる。

ATLAS2番Tectonicsは、ある程度の脅威度を持ち、敵の攻撃をひきつける効果も持っている。敵前で土壁を立てて素早く退避すると、敵はATLAS本体を見失ったまま土壁に攻撃を集中させる。

naramonAtlas10

この隙を突いてオペレーターに転移し、NARAMONのExecuting Dashでフィニッシャー可能状態に持ち込んだ上、フレームに戻ってフィニッシャーを仕掛けていく。

なお、土壁の脅威度はさして高くなく、敵に接近すれば流石に被弾はする。が、よほど接近しても一瞬こちらを見たあと、すぐ土壁に向かっていったりする。隣で戦友がATLASにフィニッシャー掛けられてても土壁撃ってたりする。

ビルド

naramonAtlas3

いつでも好きな時に土壁を出せるよう、効率重視。次点で威力を伸ばし、土壁の堅さを確保。また、フレームの装甲値も土壁の堅さに影響するため、装甲MODも積んでいく。

他のフレームが持つデコイアビリティよりも堅いため、アビリティ威力は徹底して追求しなくても良い。むしろ今回のビルドでは、エネルギー回復手段をギア以外に用意できないため、効率を最優先したほうが使い勝手が良い。

また2番増強も積んで、連続して土壁を建てれるようにする。増強MODが無いと、岩転がしで既存の土壁を消費してからでないと次が建てられないため。

効率と威力を確保し、2番増強を積んだら、あとは万が一に備えて耐久MODを積んでいく。現実的な落としどころと思われる、VitalityとAdaptationを採用。

近接武器:BROKEN WAR

近接フィニッシャーが主たる攻撃手段になるため、近接武器の選定とビルドも重要になる。

naramonAtlas6

近接武器の選定

素早く連続してフィニッシャーを掛けたいため、前後どちらから仕掛けてもフィニッシャーモーションがワンアクションで済む武器カテゴリから選びたい。
同様の理由で、攻撃速度もあまり遅くないほうが良い。

また、「鋼の道のり」の敵はやたらと堅く、フィニッシャーでも一撃で倒しきれないような連中も出てくる。なるべくダメージ出力も高い武器のほうが良い。

これらの条件を加味したうえ、手持ちの武器があまり多くないこともあり、今回はBROKEN WARを選定した。

MOD構成

ビルドは以下の通り。

naramonAtlas1


攻撃速度を伸ばし、追撃ダメージMODと威力系MODもそこそこ積む。物理/属性ダメージMODもフィニッシャーの攻撃力に影響する。

Shattering Impactを積んでいるのは、フィニッシャーが利かないタイプの敵が出てきた時の備え。「鋼の道のり」の装甲持ちはやたらと堅く、装甲を剥がさないと通常の手段ではマトモなダメージが通らないため。

プライマリ/セカンダリ

フィニッシャーを掛けられないタイプの敵が出てきた時のため、それなりの射撃武器も備えていきたい。今回は感染+火炎構成のQUELLORを採用。感染+火炎は、状態異常が効きさえすれば、「鋼の道のり」でも敵勢力を問わず有効な攻撃手段になる。

naramonAtlas2

コンパニオン

自由に動き回ってしまう犬猫モアは、敵を予期しない位置に誘導してしまったり、タゲを取ってしまったりして、今回は使い勝手がよろしくない。

なるべく大人しくしていて欲しいため、武器を外したセンチネルを連れていく。

フォーカス:NARAMON

今回のメインは、むしろコレかもしれない。NARAMONフォーカス。
特に主軸となるのは、「Void Hunter」「Executing Dash」「Surging Dash」の3つ。


naramonAtlas4

・Void Hunter
オペレーターでVOID MODEに潜っている際、敵のシルエットをを障害物越しに透過するフォーカスアビリティ。土壁越しに敵の位置を確認できて便利。

・Executing Dash
今回の主力。VOID DASHを当てた敵をフィニッシャー可能な状態にする。

・Surging Dash
VOID DASHの影響範囲を拡張するフォーカスアビリティ。

筆者はフォーカス育成をサボり気味なため、今回は「Surging Dash」はランクが上がりきっていない。が、ランクを徐々に上げながら使ってみたものの、1~2程度でも十分な恩恵を実感できている。

感想

ATLASの2番、意外と多機能なアビリティだな…というのが今回の感想。結局、軸としてはNARAMON軸になってしまったんだけど、ATLAS2番に関しても個人的にはいろいろ発見があった感じがする。

naramonAtlas9

「遮蔽物として機能するデコイ」と言うべきか、「脅威度を持つ高耐久の遮蔽物」と言うべきか…。設置する位置やタイミング次第で、どちらの役割も期待できる。なかなか奥が深い。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • 【ネタビルド】忍者EXCALIBUR UMBRA
  • ライブドアブログ